4月 28
2014

人間として恥ずかしい仕事

いいものから悪いものまで仕事にも色々なものがある。
資本主義に則った法人などは社会貢献しているものがまあまあ多いのではないかと思うが
それから外れたものには人としてやっていいのかどうか疑問符がつくような
仕事もある。
異様に高い商品を誰かれ構わず買わそうとするマルチ商法などは
人に対して胸を張れるんだろうか。
マルチをやっている人間で名刺などにその団体の名前を書いて配っている人は見たことがない。
それはなぜなのか?後ろめたい気持ちがどこかにあるからだ。
「この仕事をしています」と堂々と言えないから公に、またおおっぴらに言えないのだ。
そんな仕事、恥ずかしくてやってられないと思うが、大金が入るからやめられない。
人を騙しても全然悪気を感じないようになっている。
身分を隠して近づき、食事会に誘ったりするなどやはり恥ずかしい行為だと思う。

This entry was posted in 仕事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.